長期休み講習は絶対に行くべき理由と注意点

教育
ママさん
ママさん

今回のテストの結果が本当に悪すぎてどうしよう・・・。
長期休みの講習ってどこの塾でもやってるみたいだけど、通わせた方がいいのかなぁ??

シリー
シリー

ぜひ通わせてください!!!!

こんにちは!シリーです!

本日はとてもとても重要な長期休み講習についてお話ししていきたいと思います!

小学校高学年から中学生くらいのお子さんですと、皆さん長期休みになると塾の講習に行かれる方々が多いかと思います。
普段から塾に通っていないお子さんでも、夏休みとかになると講習だけはしっかり行く子なんかも多いですね。

また、長期休み前くらいからテレビCMWEB広告を見かける機会も多くなりますよね。

それはズバリ、、、

シリー
シリー

長期休みの勉強がとてつもなく大事だからです!!!!

なぜかと言うと、学校の授業がストップしている長期休み期間に、どれだけ正しい対策出来たかどうかで、今後の勉強はガラリと変わります!!!

そもそも長期休みの講習って何するの?

ママさん
ママさん

とにかく午前中から夕方くらいまで、毎日長い時間勉強しているイメージかしら。

夏休み・冬休み・春休みの年に3回の長期休み期間に中に、期間は塾にもよりますが、約2週間くらいかけて行う勉強です。

授業内容としては基本的に復習メインです。

夏休みだったら1学期の内容で、冬休みだったら2学期の内容で、春休みは3学期の内容と前の学期で習ったところの復習をして、取りこぼしがないように、次の学期の学習へスムーズに繋げていけるような目的で行われています。

また、長期休みは当然学校の授業が無くなるので、何もやらせないとなると、勉強の習慣がなくなっちゃいます。

普段から塾に通っているお子さんでも、長期休み期間もいつも通りの週2回の2時間だけとなってしまうと、圧倒的に勉強に触れない時間の方が多くなってしまうので、長期休み期間でもペースを崩さないように、塾の方で朝から夕方までびっちりと学習していきます。

何でそんなに長期休みの講習が大事なの?

長期休み期間は当然ながら「学校の授業がストップしている。」ということが最大のポイントになります。

平常授業のとき、学校の先生はどんどん教科書の内容を進めます。
ただ、その中で前の内容の勉強から出来ていない子からしたら、授業がどんどん進んでいく中で、着いていくのはとても大変です。
ただ、そういう子に対して塾や家庭教師をつけたときに、その子の分からなくなったところから順に教えていくということは、平常授業時にはそこまでしません。
何故かというと、いくらその子が前の学年や前の単元からできていないからといって、戻り学習ばかりしてしてしまうと、今学校で習っている内容とリンクしていない場合、授業の内容がわからってしまって、やる気がなくなってしまうお子さんが多いんですね。

毎日何時間も授業を受けてくるわけなので、その内容を少しでも理解しながら聞いているか、聞いていないかでモチベーションは相当変わります。

ですので、そういった理由もあって、なるべく今習っている授業内容に合わせて指導していくのが一般的になります。

ただ、そうなってしまうと復習をしないまま進むことで、これからの学習に響く可能性もありますし、だからといって戻り学習ばかりに力を入れてしまうと、今の授業が理解できないといったような身動きが取りづらい状況になります。

そんな時に、長期休みは授業がストップするので、その子がわからなくなったところまで復習できる絶好のチャンスなるんですね!

それくらい大事な時期だからこそ、普段は部活やクラブ活動が忙しいお子さんでも、長期休みだけはしっかり講習に通って学習する子が多いです。

また、長期休みの間に勉強も何もしない子に比べたら、新学期のスタートダッシュが全然違いますし、遅れを取り戻すなら、まさに絶好のチャンスです!!

シリー
シリー

塾・家庭教師の先生も、生徒さんが学校で今どこやっているかと気にしなくていいから思う存分復習できるよ!
個別・マンチーマン形式のところだと、更にお子さんに合わせた学習ができるんだ!

どこの塾の講習に行かせたらいいの?

塾の講習を受けるといってもどこでもいいわけではありません。

その塾がどういう特徴があって、どういう対策をしてくれるのか、お子さんがそれら塾のやり方が合うかどうかもとても重要になります。

平均点以上取れていて、普段から勉強習慣がついているお子さんでしたら、進学系の集団塾でもいいと思います。

なぜなら、そういった塾は講習が始まる何日か前に、長期講習専用テキストをお子さんにお渡しして、講習が始まる前にそれらを全てやるよう指示します。

そして、講習が始まったら、先生はそのテキストの解き方や解説を時間一杯行います。
ただ、全問解説してたらとてもじゃないですが、時間内に終わらなくなってしまうのでポイント絞って解説を進めます。

そういう進め方だからこそ、お子さん自身も自分が聞きたいところを予めピックアップして講習に臨めていたら、効率よく復習できます。

逆に予めテキストをやってこなかったり自分がわからないところがわからない状態で参加してしまうと、必死に板書を写すだけで講習が終わってしまいます。
そうはいっても相当な時間数の講習を受けるので「すごく勉強した~!!」というような気持ちだけしか残りません。

個別指導の講習なんかだと、その子に合わせてマンツーマンで対策してくれるので、平均以下のお子さんだったり、大人数だと質問ができないタイプのお子さんでしたらとても合うかと思います。

ただ、個別指導塾とはいっても完全一対一の塾であれば別ですが、先生1人に対して生徒さんの人数が2~6人といったような複数人の個別塾になってしまうと、合う合わないは大きく分かれます。

他に生徒さんがいる中でも率先して質問ができたり、自分が教えてほしい内容をしっかりとわかっているお子さんでしたら良いのですが、自分の聞きたいところもわからない先生に聞くのが恥ずかしいといったようなお子さんですと、長期講習の時間をほぼ自習で終えてしまい、全く対策になりません。

ですので、それでもダメだった場合は、完全マンツーマンの塾か家庭教師をオススメします。

他に生徒さんがいないので、最初から最後まで1人の生徒さんに合わせて指導ができます。

また、普段から塾や家庭教師をお願いしているお子さんでしたら、長期休み対策も普段担当している先生にお願いする事をオススメします。
なぜなら、マンツーマンで指導していると、お子さんより普段から教えてる先生の方が、お子さんの苦手なところや、対策すべきところを把握できちゃうんですよね。
ですので、せっかくの長期休みも効率良く学習することができます。

また、部活や習い事で忙しいお子さんも、マンツーマンなら先生とお子さんで予定を決めればいいので、その子に合わせた時間に学習を行えることも魅力的です。

マンツーマン指導だと、他の子との競争心が生まれないから、あえて他の子とも触れ合える様な塾に行かせている親御さんもいらっしゃいますが、そもそも学校内で競争心が無ければ、塾で競争心は生まれません。

ママさん
ママさん

うちの子は個別通ってたけど、先生が変わる頻度も多かったし、自分から質問もするような子じゃないから、
やっぱ家庭教師かしら・・・?

まとめ

こういったように、お子さんの成績や性格を考慮した上で、どいう塾にお願いするかを考えてください。
お子さんの勉強のお悩みが、どういう方法が最短ルートで解決できるかを基準で考えていただくのが一番かと思います。

ざっとまとめると以下の内容になると思います。

集団学習塾
・テストは平均点以上
・勉強の習慣がしっかりついている
・自ら質問ができる
・どんな先生でも合わせられる

個別学習塾
・勉強の習慣がしっかりついている
・自ら質問できる
・どんな先生でも合わせられる
・集団では勉強したくない

完全個別学習塾
・勉強の習慣がついていない
・自ら質問ができない
・どんな先生でも合わせられる
・集団では勉強したくない
・完全に勉強が遅れている

家庭教師
・勉強の習慣がついていない
・自ら質問ができない
・先生は毎回同じ人
・集団では勉強したくない
・完全に勉強が遅れている
・部活や習い事などで忙しい

まずは気になるところからお電話やお問い合わせをしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました