塾・家庭教師をやっても成績が上がらない5つの理由と対策。

教育
ママさん
ママさん

長いこと塾通わせてるけど、うちの子の成績が全然上がらないわ・・・。
やめて他のところに切り替えたほうがいいのかなぁ・・・。

ちょっと待ったーーーー!!!!!

結果が出ないという理由で他の塾・家庭教師などに心機一転切り替えられる手段もありますが、新しい塾・家庭教師でも同じ失敗は繰り返したくないですよね?

ママさん
ママさん

それは絶対にいやー!!!!!

もちろんそうですよね。
切り替えたからには上手くいってほしいですし、後悔はしてほしくないです。
お子さんにピッタリなところで最後まで頑張っていただきたいです。

ただ、結果が出なかったという理由だけで切り替えられるのはとてももったいないです。

「なぜ結果が出なかったのか?」という理由を明確にし、その上で今通っているところで対策できるのであればそれがいいですし、それが無理なのであれば対応できるところにすぐ切り替えましょう!

結果を出すためにはいくつかのプロセスがあります。

そのプロセスを無くして結果は絶対に出ません。

そもそも成績が上がらない理由は?

先生との相性が悪い、教え方がわかりづらい。

まず、相性が原因でしたら、その中で成績を上げるのは難しいです。

大人でも嫌いな人の話を聞くほど嫌なことはありませんし、それが小・中学生などの多感な時期のお子さんですと、尚更嫌だと思います。

また、わかりづらい先生というのも難しいですね。

「説明が分かりづらい」

「何をいってるのかわからない」

そんな環境でちゃんと理解しなさいっていうのはキツいですね。

ママさん
ママさん

確かに私も好きな先生の授業は楽しかったし、自然とわかりやすかったなー。

システムが合っていない

システムが合っていないのであれば、ある意味先生との相性以上に致命的です。

学校の授業に着いて行けず、テストの点数も平均点以下のお子さんが集団塾に通っているのであれば、学校の授業以上に置いてけぼりになります。

一般的な集団塾では先取り学習がメインです。

ただ、平均点以下のお子さんにやってあげるべき内容は復習メインの対策になります。

授業に着いて行けていないお子さんに、先取り学習をメインでやってしまうこと自体そのお子さんにとってマイナスになりかねません。

また、個別指導塾でも、先生が1人に対して生徒さんの人数は2人もしくは3人とその塾によって比率は異なりますが、先生1人に対して複数人の生徒さんがいるところが一般的です。

その中で、他に生徒さんがいることで質問ができなかったり、何を聞いていいかわからなかったりで、せっかく塾に行ってもわからないところを聞けず帰ってきてしまうお子さんも多いです。

積極的に先生に質問できる生徒さんなら別ですが、塾の先生も質問してきた子を後回しにして、質問してこないお子さんを優先に勉強を教えることもできないので、なかなか難しいです。

マンツーマンの塾や家庭教師であれば、自分から質問できない生徒さんでも先生の方からアプローチができるので、そういった問題は起こりづらいです。

ただ、マンツーマンを嫌がるお子さんもたまにいるので、そういった場合は難しいです。

ママさん
ママさん

うちの子は個別塾行かせているけど、先生に全然聞けてないのかな・・・。

家で勉強しない

通っている塾の先生がとてもわかりやすくて相性も良く、塾のシステムがお子さんに合っているとしても、家での勉強習慣が無い中で成績を上げるのは難しいです。

ママさん
ママさん

うちの子も塾で勉強しているからって家でやらないわ!!

教えてもらってるときがいくらわかりやすくても、テスト本番で出来なければ意味がありません。

ですので、塾で教えてもらったところを、自分一人でもう一回やってみて確認する習慣があれば、自分自身がどこまで理解できているか、どこを重点的にやればいいがわかりますが、教えてもらうだけ教えてもらって、あとは一切やらないとなると、人並外れたズバ抜けた理解力が無いと難しいです。

結局テストは自分自身の力でなんとかしなければいけませんし、すぐに助けてくれる人がそばにいるわけではありません。

そもそも勉強のやり方がわかっていない

この原因は一番多いです!!

いくら勉強習慣がついていても、やり方が間違っていたら本末転倒です。

また、やり方がわからないし、何からやっていいかわからないからやらないって子も多いです。

間違ったやり方で勉強をしていると、いくら時間をかけても結果には繋がりません。

やり方がわかっていないお子さんの共通した特徴としては、ページを進めることとにかく書きまくることが目標になってしまっていることがあります。

できるようになるようになるまで何度も反復したり、いざテストできるかできないか本番を意識した学習ができていません。

時間 × 数 = 勉強

とにかく物量をこなして時間をかけることに満足してしまっているので、やらなくていいことまでやってしまったりと、時間をかけている割には結果が出ないとてももったいないお子さんが多いです。

ママさん
ママさん

確かに時間だけかければいいわけじゃないわよね。
量より質が大事よね。

親御さんがノータッチ

この原因はお子さんだけではどうにもできません。

親御さんの行動にかかっています。

ママさん
ママさん

えー!?私が勉強を教えなきゃなんないの!?

ただ、ここで言える原因は、親御さんがお子さんの勉強を見ないことが原因と言っているわけではありません。

ある程度お子さんの学年も上がってくると、勉強内容的にも教えるのは困難になりますし、何よりも年頃のお子さんがお相手となると、互いに感情的になって衝突してしまうこともあるかと思います。

ですので、ここで言える原因としては、塾や家庭教師にお子さんを任せたら、あとは放置状態になっているということです。

毎月決して安くはないお月謝をお支払いしているのもありますので、普通に考えて勉強に関しては塾や家庭教師にお願いするということは至極一般的なことだと思えます。

ただ、それが問題です。

ママさん
ママさん

ギクッ!!

お子さん自身が自覚を持って、先生に悩みや要望を言えれば別ですが、それができるのであればとっくに学校の先生や友人に教えを請うなどして自力で解決していますし、そもそも勉強もつまずいていません。

自分の目の前に立ちはだかる困難を、自力で解決する術を知らないので、そこをサポートする為に塾・家庭教師を利用されているのであれば、親御さんのサポートは不可欠です。

とりあえず通わせて、成績が伸びなければ次のところに切り替えてということを繰り返されていたら、ほとんどの場合失敗します。

継続するにしても切り替えるにしても、同じ失敗を繰り返さないに、その原因をハッキリさせることがとても大事です。

ママさん
ママさん

確かに結果が出ないということには原因があるわよね。

どう対策すればいいの?

まずは今通っている塾・家庭教師に相談をする

あれ?と思ったらすぐ相談してください!

ママさん
ママさん

すぐ相談するのって、クレーマーに思われそうで不安。

そのお気持ちもわかりますけど、相談しないことには始まりません。

逆に塾・家庭教師の先生は親御さんの知らないお子さんの一面も見ていますし、その時の状況の共有をしていただくだけでも、違った視点でお子さんを観れると思います。

先生との相性が合ってないのであれば、先生の交代をお願いしましょう!

授業に着いて行けていなかったり、先生に質問もできなかったり、そういった状況なのであれば、もう少し寄り添ってもらえないかお願いしましょう!

家で勉強してないのであれば、宿題を出しているのか、どう管理しているのか確認しましょう!

やり方がわかっていないのであれば、やり方から教えてくださいとお願いしましょう!

毎月お月謝をお支払いして、あとは塾・家庭教師に丸投げして、結果だけで判断するスタンスでは同じ失敗を繰り返すことになりかねません。

やれるだけやってダメなのであれば、無理なら対応できる塾・家庭教師に切り替えましょう!

ママさん
ママさん

そうね。まだまだ手はあると思うし、塾の先生に相談してみよう!

とにかく家での勉強習慣をつける。

家で勉強をやらない以上はどうにもなりません。

何が何でも家でやらせましょう。

お子さんに張り付いてまでやらせなくてもいいので、その日ごとの勉強の計画表が渡されているのであれば、やったかどうかの確認だけでいいです。

不器用ながらもやっているのであれば、決して完璧を求めず全力で褒めてください。

ただ、放っておくのは絶対にやめてください。

とても根気が要りますが、塾・家庭教師の先生に相談するなどして、何とか家庭内での学習を少しでも定着させてください。

また、実際のところ、やる気がない以前に、やり方がわからないからやらないお子さんが多いです。
宿題を出されても、問題見た瞬間にできないと思い込んでやらなかったり、まともに勉強と向き合えていないお子さんが多いです。

塾・家庭教師を利用されているのであれば、先生の方からお子さんへ「わからない時はこういう風にやるんだよー!」と、やり方を教えてもらったり、先生がいないときなど家庭内での一人での勉強法をレクチャーしてもらうのがオススメです。
どっちにしろまずは今通っている塾・家庭教師に相談ですね。

まとめ

ママさん
ママさん

よく考えてみたら、塾に任せきりで何も相談とかしてなかったなー。
早速相談してうちの子なんとかしなきゃ!!

決して安くないお月謝を毎月お支払いしているのですから、受けられるサービスは全て受るべきです。

特に親御さんが関与しなくても、ただ通わせているだけで成績が上がる子さんもいらっしゃいますが、すべてのお子さんがそういうわけではありません。

最終的に結果として現れているのは、お子さんが毎週塾で勉強して、家庭教師の先生に手取り足取り教えてもらっても、中々結果が出ない壁に打ち当たり、その度に先生と相談し合い、親御さんも一緒になって打開策を相談し合っているご家庭がほとんどです。
家庭教師を利用されているご家庭で、結果が出ているご家庭の特徴としても、親御さんと先生の関係がしっかりできていて、お子さんの状況の共有がしっかりとれています。

必ず問題解決の糸口はありますので、「何で上手く行かないのか?」「何が原因なのか?」「どうすればいいのか?」としっかり原因を理解することから始めましょう。

勉強もそうです。

闇雲にやっても上がらないものは上がりません。

必ずや解決策がありますので、できることから行動して考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました